翻訳会社選びの基本

企業のグローバル化が進み、今や英語抜きでは仕事が出来無い、そんな企業が増えているかと思います。

日常会話程度の英語なら問題ない人でも、正式なビジネス書類や営業資料を英語で作るとなると、ハッキリ言って無理…という人が殆だと思います。

となると…、その多くは翻訳会社のお世話になるわけです。

ここでまた問題になるのが翻訳会社の質の問題です。

翻訳会社と言っても、大きな会社組織もあれば、それこそ一人でやっているような個人事務所なんかもあります。

中にはいい加減な文章、いい加減な納期、いい加減な対応の会社もあるようです。

翻訳してもらうものは業務の成否を大きく左右する重要な文章ですから、きちんと信頼出来る翻訳会社に依頼をすることが必須です。

そのためにも、絶対に注意して欲しいのが「値段で選ばない」事。

複数の翻訳会社に見積もりをお願いして、一番安いところに依頼する。

こんな翻訳発注の方法も最も危険です。

きちんとこちらの必要に応じたレベルの翻訳文を納品してくれるか、サービス内容に不備はないのか、総合的に比較検討した上で、翻訳会社を選ぶことをおすすめします。

また、翻訳会社情報キャッチャーというサイト(http://www.lasting-ltd.com/)で、どのような場面で翻訳会社を利用する可能性があるのか紹介されていますので、特に今必要ではないという方も自身のビジネスと照らし合わせて、やはり今後利用が予想される、と感じたら今のうちから翻訳会社をどこにするか検討をつけておくとよいと思いますよ。