翻訳会社に発注時の注意点。

翻訳会社に発注をする際には、どのような分野の文章なのか?どの程度の仕上がりレベルを求めているのか?以上二点を明確にしておきましょう。

先ず「分野」に関することですが、ビジネス文章とはいえ分野が違えば言葉も変わります。

ソフトウェアの会社、化学薬品の会社、電気機器製造の会社などなど、専門性の高い分野であればあるほど、翻訳に求められる知識と能力も異なってきます。

どのような分野の文章を発注するのかを明確にし、最適の翻訳者に実際の翻訳作業をして貰うことが重要です。

次に「仕上がりレベル」に関してですが、例えば、一般の人が読むための文章と専門家が読む文章では、同じ内容でも文章のレベルは全く異なります。

また、社内資料用と公開用でも全く違うはずです。

つまり、最終的にどのようにその文章が用いられるのかによって、翻訳に求められる仕上がりのレベルも異なるということです。

翻訳会社に発注する際には、その点にも気をつけましょうね。